低用量ピルの画像

生理不順や重い生理痛に悩んでいるあなた!だるいし、おなか痛いし、頭痛も眠気もして本当なら寝ていたい…だけど遊びの約束を優先するわというそこのあなた!我慢せずにぜひ低用量ピルを使ってみましょう!

低用量ピルは生理痛の緩和にも効果を発揮する

低用量ピルは避妊のための薬だと思っている人が多いのですがそれ以外の場面でも多く使われていて、生理の時の腰痛や腹痛などの生理痛の緩和にも大きな効果を発揮してくれます。生理痛の原因は子宮内膜の中に含まれているプロスタグランジンという物質です。プロスタグランジンは陣痛促進剤にも使われている成分で、子宮の筋肉を収縮させる働きがあります。子宮内膜は毎月生理の際に経血として体外へ排出し、次の生理までの間に再び子宮内で作られるため、なるべく早く不要になった子宮内膜を排出するために子宮の筋肉を収縮させます。その作用によって腹痛や腰痛が起こると言われています。健康な女性から生理をなくすことは出来ないので、生理痛を軽減させるためには子宮内膜の中のプロスタグランジンの量を減らすことが有効です。低用量ピルは女性ホルモンの分泌量をコントロールして妊娠を防ぐものですが、女性ホルモンの分泌量が少なくなることで子宮内膜が厚くなりにくいという特徴があります。子宮内膜が厚くならないのでプロスタグランジンの影響をあまり受けなくなり、生理痛が緩和されると言われており、避妊のために低用量ピルの服用を始めたら生理痛が軽くなった、という人も少なくありません。生理痛が軽くなると同時に子宮内膜が厚くならないため生理自体が軽くなると言われています。また、生理痛だと思っていたら実は子宮内膜症だった、というケースもあります。まずは病院で診察を受けて適切な治療を受けるようにしましょう。子宮内膜症の場合にも症状が軽度ならば手術などを行わずに低用量ピルを服用することで痛みが軽減したり、症状の悪化をストップさせることができるようになります。

低用量ピルは飲み方が重要

低用量ピルは、飲み方がとても大切です。正しい飲み方をすることで、避妊効果は100%にもなるのです。低用量ピルを飲む目的は、脳を妊娠していると勘違いさせるために、女性ホルモンの分泌量を増やすのが目的となっています。毎日一錠を継続的に飲むことで、そのホルモンバランスを維持する必要があります。飲むタイミングですが、基本的には、生理開始時からスタートをすることになっています。初めて服用をする場合には、避妊効果が現れるまでに8日かかるといわれています。8日以降であれば、薬を飲み続けているかぎり、排卵は止まった状態になります。そのため、常に避妊の効果を得られるようになります。毎日一錠が基本となっていますが、低用量ピルにもいくつか種類があります。そのため、飲み方が少し異なる場合があるので注意が必要です。低用量ピルは毎日服用をするのが基本ですが、21日継続をして服用をしたあとに、7日間服用をやめる期間が必要となります。これは生理の周期を28日と考えて、生理と似たサイクルを作りだすためなのです。1つのシートに21錠入っている21日タイプは、21日継続をして服用をしたあとに、7日間は服用の薬がありません。でも、薬をやめている期間がわかりにくくなる場合があります。その間違いを防ぐために、28日間飲み続けるタイプのピルもあります。この28日タイプは、ホルモンが配合されている薬が21日分と、ホルモンが配合されていないプラセボが7日分含まれていて、薬をやめている期間は、プラセボを服用するのです。このプラセボは、飲み忘れてしまっても問題はまったくありません。低用量ピルの効果を発揮させるためには、飲み方を間違えないことが重要になります。

低用量ピルの服用を辞めるタイミング

低用量ピルの服用を辞めるタイミングとは、一体どのような時なのでしょう。多くの場合は、そろそろ赤ちゃんが欲しいというタイミングでしょう。ピルを服用している間は、ほぼ100%に近い確率で妊娠はしないと言われています。ですから、夫婦でそろそろ赤ちゃんが欲しいとなったら、その時はピルもお休みをすることになるのが一般的です。そろそろ子供が欲しいと考えたら、ピルを飲むのもお休みに入ります。病院で処方をされた低用量ピルの服用をストップさせると、それからやめる1ヵ月ほどすると正常な月経がきます。これはピルを飲んできた人の半分の確率ですが、ピルをやめてから3ヶ月間もすると月経周期は順調に巡るようになります。ピルの服用をやめてから3ヶ月の自然排卵率というのは、数字的には80%から90%になります。スケジュール的には妊娠したい時期から逆算をして、ピルの服用は2ヶ月から3ヶ月前よりやめることです。お薬をやめてから、毎日の基礎体温を測り、体調の様子を見ることです。そして妊娠を希望するのであれば、お薬をやめて妊娠を目指す2ヶ月から3ヶ月前から、妊娠には必須の葉酸を補うといいでしょう。服用中止についてですが、シートの途中でピルを飲むのをやめるのは少し不安かもしれません。ピルのシートの途中でお薬を飲むのをやめたとしても、それから数日もすると生理はきます。実薬を飲んだ数量が14錠以下だった場合には、順調な出血とはならないこともあります。ですから最低14錠は、低用量ピルを続けて飲むようにしたほうがいいです。途中でピルを飲むことをやめてしまっては、確実な避妊効果にはなりませんので注意です。その時は他の避妊法を、合わせて行う必要はあります。