低用量ピルの画像

生理不順や重い生理痛に悩んでいるあなた!だるいし、おなか痛いし、頭痛も眠気もして本当なら寝ていたい…だけど遊びの約束を優先するわというそこのあなた!我慢せずにぜひ低用量ピルを使ってみましょう!

プロゲステロンを含む低用量ピルは定期的な血液検査

避妊のために使用される低用量ピルですが、薬を使って避妊することに抵抗感がある人は多いのではないでしょうか。日本ではまだ歴史の浅い低用量ピルですが、欧米では女性が自分の意思でコントロールできる避妊法として広く認知されています。また、避妊目的だけでなく月経の周期を整え月経痛や月経による出血量を抑えるなどの効果もあります。子宮内膜症や腺筋症などの治療のために服用している人もいます。生理前のイライラや肌荒れなども改善されるので女性にとって嬉しいメリットがたくさんあります。女性が輝いて生活するためのサポートをしてくれる薬です。
低用量ピルにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)というふたつの女性ホルモンが含まれています。このふたつの女性ホルモンは卵巣で作り出されるホルモンと同じ構造です。このホルモンの働きにより排卵がストップした状態になるため避妊の効果があるのです。低用量ピルによる避妊の効果はコンドームよりも確実だと言われています。不妊にならないか心配する人もいるかもしれませんが、低用量ピルの服用をやめると短期間でまた排卵が再開しますので、服用によって不妊になるようなことはありません。
副作用として、服用開始の1~2か月は吐き気や倦怠感などの症状が出る人がいます。また、不正出血がある人もいますがやがて軽減されます。また、血栓症のリスクが高まるので定期的に血液検査を受けることが望ましいです。いずれの副作用も発生率は低いので、正しい知識を持ち決められた量を服用すれば何も心配はありません。婦人科で相談して自分にあった低用量ピルを処方してもらうことは、安心で自分らしい生活をすることにつながります。