低用量ピルの画像

生理不順や重い生理痛に悩んでいるあなた!だるいし、おなか痛いし、頭痛も眠気もして本当なら寝ていたい…だけど遊びの約束を優先するわというそこのあなた!我慢せずにぜひ低用量ピルを使ってみましょう!

低用量ピルは子宮腺筋症の治療やバストアップに効く

月経の日の数日間を過ごすのは女性として当たり前かもしれませんが、月経に関する悩みを持つ女性は少なくないのではないでしょうか。強い月経痛、月経の量が多いなどの悩みや、精神的にイライラする、食欲が増して食べ過ぎてしまう、肌が荒れるなどメンタルや健康面にも影響を及ぼすことがあります。人と比べることが難しいので少しくらいの痛みは我慢するしかないと、ただ耐えている人もいるかもしれません。つらい症状を我慢している方は一度婦人科を診察してみましょう。子宮内膜症や子宮筋腫、子宮腺筋症など痛みの原因につながる病気が潜んでいる可能性もあります。
婦人科を受診すると必要に応じて低用量ピルが処方されます。低用量ピルは避妊薬としての認識が高いのですが、避妊以外の目的でも多くの女性が低用量ピルを使用しています。子宮腺筋症の治療に使われることもあります。子宮腺筋症は子宮内部の筋層に子宮内膜の組織が入り込み、子宮筋層が腫れる病気です。月経痛が激しくなり、出血量が増え、それに伴って貧血などの症状も出ます。悪化すると手術による子宮の全摘出が行われることもありますが、まずは低用量ピルを服用して様子を見ることが多いようです。低用量ピルの服用によって毎月の月経痛や月経の量も緩和され、楽になります。定期的に月経がくるので計画的日々を過ごすことができるようになります。
他にも、低用量ピルは肌荒れやバストアップにも効果があると言われています。ホルモンのバランスを整え、女性らしい体を作るのに役立つ効果があります。このような副効用はうれしいですね。しかし、身体に合う合わないは個人差もありますし、人によっては吐き気などの副作用が見られることもありますので、用法を守って正しく使うことが大切です。